食品リサイクルの流れ



当社の食品リサイクルの工程をご紹介します。


食品製造&加工メーカー、問屋、小売店などから排出された食品残渣は、運搬会社によって当社工場に運び込まれます。
計量をした後、ただちに荷降ろしがされます。



惣菜くず、パンくず、野菜や果物くず・・・。
いくつかの種類に分別をしていきます。
ビニールの梱包や紙箱などは資源ごみとして分別。
回収したものはほぼすべてリサイクルします。



廃牛乳やヨーグルトは、リキッドフィーディングには欠かせません。
これらは機械によって一気に分別。
容器はまた別の業者に運ばれ、リサイクル。

液体だけが次の工程へと運ばれます。



固形の食品くずをここで混合。
リキッドフィーディングの品質を一定に保つために、レシピに応じて混合する食品くずを調整しています。



固形の食品くずと液体の食品くずをここで混合します。
乳酸発酵前の原液がここで完成します。



タンクは2つあり、1つ目で1次発酵、2つめで2次発酵します。



発酵を終えたリキッドフィーディングは、パイプラインによって専用タンクローリーに。
そして当社グループのトントンファームへと運ばれます。



トントンファームでは約3000頭の豚が飼育されています。
毎日、専用パイプラインを通ってリキッドフィーディングは供給され、豚たちはゲンキに育っています。

食品くずの処理、工場見学のご要望がございましたら、遠慮なく問い合わせを。
連絡は「お問い合せ」フォームから。



info-banner

koutei-banner
ton-banner

tonton-banner
hanei-banner
maruzen-banner
maruzen-banner

qr-code keitai-banner